山下智久のHeadの英語力がスゴイ!会話力や発音は?海外からの評価まとめ。

歌手であり俳優としても活躍されている山下智久さん

2020年春にHuluにて公開の海外ドラマThe Head」(公開日:未定)に、全編英語メインキャストとして出演される山下智久さんの英語力がスゴイと話題です

山下智久さんの英語力が分かる動画海外の評価をまとめてみました!

関連記事のIDを正しく入力してください

山下智久 英語力

日本では、テレビ番組「大人のKiss英語」のMCをされていた山下智久さん。「The Head」への出演が決まり、世界で通用する英語なのか気になりますね!

早速、見ていきましょう。

Head出演時の英語力

こちらは、渡航前山下智久さんの英語のインタビューです。

海外ドラマ「The Head」の製作総指揮であるラン・テラム氏との英語での会話を御覧ください!(50秒あたりから英語です)

なんと!!自然な感じで英語を話されていましたね。

製作総指揮のラン・セラム氏からは「君の英語の話し方を変えないでくれ」とリクエスト!!✨そのままでOK!ってことですよね。

声が小さくて聞き取りにくいところもありましたが、「完璧だし、理解しやすいし、わかりやすい」とコメントを頂いていましたね。

コメンテイナーのとおり、焦らず自分の気持ちを表現しようと話されているのがわかります!

製作総指揮ラン・テラム

エミー賞を受賞の世界的ホームドラマ「HOMELAND」ではエグゼクティブプロデューサーを務めた。今回、辺境の地にある南極の科学研究基地でおこるサバイバルミステリー「The Head」を指揮。ヨーロッパ主要放送局はじめ23カ国で公開。

世界的に活躍されているプロデューサーラン・テラム氏から、英語力を買われるって凄いですよね!

こちらは、渡航後山下智久さんの英語のインタビューです!

おお。こんなに変化するんですね!第一印象は、英語で話す自信が伝わってきます!!✨

落ち着いた声のトーン声の大きさはっきり発音する様子から、確かに着実に充実した撮影期間だったように感じました!

以前よりもスラスラ英語が出てくる印象です!

撮影中は全て英語なので会話力が磨かれたのでしょうね!

山下智久さんは、3ヶ月間の撮影中熱心に発音の改善や、一つのセリフから何通りも演技を模索していたそうです。

勤勉さが英語を上達させたのでしょうね。

英語の発音は、はっきりと聞こえる美しい発音で、英会話力はよりスムーズな会話ができるようになっていました!!本編での英語のセリフも楽しみですね!!

ネイティブと会話

こちらは、山下智久さんのMC番組「大人のKiss英語」での英語でネイティブスピーカーと会話を楽しんでいる動画です。(2018年)

コメントにもあるように「One in a million」の発音めっちゃ綺麗ですね✨

歌を歌ってほしいというリクエストにはビックリしてNO!と言ってしまったようですが、直ぐ相手に失礼のないような返しをしています。

この頃の山下智久さんは、日常会話を楽しめる英語力でしたね。

イケメンに「コンサートに招待しますね。」なんて言われたら、もう最高ですよね!^^女子との会話も問題ない英語力でした!

ハリウッドスターにインタビュー

ディズニー映画「マレフィセント」の公開時に、山下智久さんはマレフィセント役の主演女優アンジェリーナ・ジョリーに英語でインタビューをしています!(2017年)

ハリウッドスターにインタビューって凄すぎですよね。

 

英語が上手いかわかるか?以前にとっても緊張しているのが伝わりますが笑。緊張感の中でも丁寧に発音されているのがわかりますね!

大人のKiss英語」は山下智久さんが海外進出を目指すために英語を学ぶ番組でした。特に発音に力を入れていたのかも知れませんね。

アンジェリーナ・ジョリーさんも、ゆっくり聞き取りやすく話してくれてお優しい!^^

海外共演者からの評価

山下智久さんは、海外ドラマ「The Head」では自らが命名した「秋(Aki)」役を演じています。英語での会話も公開が楽しみですね。

撮影を終えて、海外共演者からの山下智久さんの評価をまとめました。

 

製作総指揮のラム氏、監督のホルヘ氏からのインタビューより。

 

撮影現場では「Tomo」と呼ばれ、みんなに愛されている山下。キャスト・スタッフ一同、そんな山下に対して、称賛の声を惜しまない。

今回の国際取材会でも、製作総指揮のRanが「Tomoは勤勉でチャレンジ精神にあふれたハングリーな俳優。本読みでも何種類もの演じ方を模索するし、英語の発音も含めて練習に余念がない。また一緒に仕事をしたいです!」と再タックを匂わせる。

監督のホルヘ・ドラドも「Tomoは毎日よくなっている」と太鼓判。(モデルプレス)

発音や表現の仕方、ナチュラルな英語のために努力されて習得したのも伝わってきますね。かなり信頼が厚いのがわかります!

 

 

「Tomoとは劇中でとても親密な関係を演じるので、一緒に関係を構築していくのが凄く楽しいです。みんなで一緒に撮影後にプールに行ったり、Tomoも含めて毎日毎日みなさんとの交流では刺激的なことや面白いことが起こるんです。」(キャサリン)

「Tomoと一緒に撮った写真を僕のインスタグラムに投稿したら、彼のファンから600通もメッセージが届いたんです。彼はすごい!何もせず、ただそこにいる芝居は難しいものだけど、Tomoがただベッドに横たわっているシーンを見たら、凄く良かったんです。」(アレクサンドル)

 

英語について触れていませんが、積極的に共演者とコミュニケーションをとっていたようですね!

親睦を深めて良い演技をするだけでなく、オフの時間も英語のブラッシュアップになっていたはず!

 

一つ一つのシーンに対して真剣に取り組むし、Tomoは素晴らしいです!」(アルバロ)

Tomoはとっても穏やかで静かで、熱心に芝居に取り組む俳優なので、一緒に仕事をするのが楽しいです。」(ジョン)

Tomoはとってもストイック。彼自信はとても優しくて礼儀正しい、愛すべき人なんですが、あるシーンでの芝居がとても恐ろしくて邪悪で…!それがと〜っても良かったんです!!」(アメリア) (モデルプレス)

 

ここでも勤勉さが称賛されていますね!納得がいくまで、演技含め英会話力も磨いていたはずです。

台詞は全て英語なので、必然的に高い英語力も求められますね。

ここまでで、山下智久さんへの賞賛の嵐です!!

12歳から芸能界に入り、英語を習得して海外デビューに至ったのは山下智久さん並々ならぬ日頃の努力の仕方が評価されたのでしょうね。

ドラマが公開されたら、映画についてのファンの声もお届け致しますね!

まとめ

山下智久さんの英語力は、ネイティブのような自然な発音気持ちを表現する高い会話力があることがわかりました!

海外ドラマHeadの製作総指揮からも「話し方を変えるな」と助言される程自分らしさを感じる自然な英語であり、わかりやすい英会話だと評価されています。

2020年3-4月公開予定の「The head」が公開されたら、出演中の山下智久さんの英会話もチェックしてまとめたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です