【体験記】1泊2日費用4万円!フィリピンでダイビングライセンスを格安で取得!

こんにちは!

フィリピン在住のイルカ(@iruca_travel)です。

フィリピンと言えば、やっぱり南国の美しいビーチ。

日本人に人気のあるリゾートとしてセブ島で有名なフィリピンですが、首都マニラから数時間の人気のダイビングスポット、アニラオダイビングライセンスを格安で取得しました!

同じライセンスを取るなら安く、良いサービスで取得したいですよね。(できることならお値段以上で!)

今回は、PADIオープンウォーター・ダイバーの資格取得費用とフィリピンで取得した体験談をご紹介します。

この記事を読むと、フィリピンのアニラオでライセンスを取得する費用とイメージがわかります。

 

ダイビングライセンス取得費用は?

今回は1泊2日で友人と、バタンガス州アニラオにあるSummer Cruise & Divingさんに行っていました。

こちらではオーシャンビューのサンセットを楽しみながらBBQができます!

 

ライセンス取得費用の総額。

ダイビングライセンス取得にかかった費用はトータルで₱16,350でした。

今回の内訳

オープンウォーター・ダイバー講習費(教材/器材レンタル等込み)₱14,200

昼食₱350x2、夕食₱450、BBQ₱500、宿泊₱1000以下

ソフトドリンク₱30x2

朝食&コーヒー&ミネラルウォーター無料

合計 ₱16,350 ※₱ = peso

レート換算 ₱1=2.1円 で計算すると、日本円で 34,335円 !!!!

約3万5千円でライセンス取得が可能で、わたしは友人と車で行ったので交通費は殆どかかりませんでした。

車がなくてもバスとトライシクルで行くなら 往復₱700(約1,470円)で、ショップによっては別途交通費で送迎してくれます。

何かあったときのために多めに見積もっても4万円弱でライセンス取得が可能です。

宿泊してBBQも楽しんで、この価格は凄く良かったと思います。

 

フィリピンでダイビングをするメリットは?

フィリピンは、サンゴ礁のカラフルな魚たちをはじめ、沢山の種類のウミウシ、タツノオトシゴ、ウミガメ、イワシの大群、マンタ、ジンベイサメやジュゴン等、多くの生物と出会えます。

ダイビングスポットも様々で、日本人に人気なセブ島はじめ、砂地、サンゴ礁、洞窟や沈没船等、1つの国で様々な地形を楽しめるため、世界中からダイバーが集まる世界トップクラスの海です。

ダイバーの友人がくれたアドバイスをまとめてみました。

フィリピンダイビングのメリット。

 

1,日本よりも低価格世界トップクオリティの海を楽しめる。

2,殿様ダイビング= ボートボーイが重い器材を運んでくれる。

3,ボートダイブなので長い時間、海の底の世界を楽しめる。

4,ボートから海に入るので、疲れにくい&ダイビングに集中できる。

5,フィリピンは安いので気軽にボートダイブを楽しめる。

ダイバーの友人曰く、多種多様な生き物に出会える世界トップレベルのダイビングスポットなのに、安くライセンスを取得できる&嬉しいボート特典があるのは、凄くいい条件が揃っているんだそうです!

イルカも疲れすぎないか心配だったのですが、手厚いサポートだったのでその点は問題なく、アニラオで潜って納得のナイスアドバイスを頂いたと思います^^

アニラオでは今でも新種のウミウシが発見されているそうですよ!

 

フィリピンでライセンスを取得して良かったこと。

初ダイビングだったので心配だったのですが、フィリピンスタッフのキラキラな笑顔に元気をもらいながら、皆さん親切だったのでがんばれました。

ここでは、フィリピンという土地に特化して感動したことを中心にご紹介していきます。

https://twitter.com/heyitskenwood/status/1024297246643249154?s=21

 

海が美しい。

マニラからトータル3時間弱で、まさに青い海と青い空、穏やかな海が広がっています。

海水のこの透明感に感動

天候によって透明度は変わりますが、こんなに綺麗だと期待が高まりました。

船の上からでも珊瑚やヒトデが見えますね。

もちろん、ダイビングは期待を超える美しさでしたよ!

 

オーシャンビューとサンセット

非日常の瞬間に立ち会えたのも良かったです。

暮れていく夕日をバックに、リアルから離れて、地球に感謝。

星が見えてうっとり。

 

リトルマーメイドの世界。

なんと言っても素晴らしかったのは海洋実習です。

ベタだけど、美しいサンゴ礁とカラフルな魚たちに囲まれる体験ができたことでした。

映画「ニモ。」で有名なクマノミも、本当にカップルでイソギンチャクの中に隠れていて感動しましたし、ウミガメもいましたよ。

海の底から上を見上げると一面に魚たちが舞っています。

まさにリトルマーメイドの世界

写真が無いのが残念、本当にこんな感じでしたー!!\( * ´ ` * )/

 

初ダイビング失敗談。

正直書きづらいですが笑、これからダイビングライセンスを取得したい方々に役立ててもらいたいので赤裸々告白します。本当、楽しんでくださいね!!

恥ずかしいわたしのこころの中 はこんな感じ笑。

ギンガメトルネードもアニラオで見れます^^

 

耳抜きが出来ない。

初めての海洋実習で、潜っていくごとに耳抜きを試みてたのですが(上手く出来ていなかったんですね)、なんとなく耳が重いような痛いような感じがしてきました。

バディにサインで伝えるとすぐに対応してくれ、少し戻って深さを浅くして耳抜きしました、が治らず。

痛くて鼓膜が破れたらどうしよう!と思ったわたしは、更に慌てて海面に出てしまいました。(これがイケナイ危険行動^^;)

そんなこんなで、その後の海洋実習が憂鬱になってしまいました。

しかも、一緒に参加した皆さんのペースをストップさせてしまったのでまた同じことがあったらと思うと海が怖くなってしまいました。悲。

ですが、オーナーさんの講義でもあったように、耳抜きが出来ないことは誰でもあるので気にせずに、

なにか変だと思ったら直ぐに知らせることが、安全なダイビングに繋がると学ぶ体験になりました。

安心安全で楽しみましょう!

海の中で吐きそうになる。

2日目の海洋実習でボートからエントリー、深水10M位のところで海の中で急に気持ち悪くなってしまいました。(もちろんバディに伝えました)

胃液が上がってくるような感じもあって、このまま海の中にいるのがしんどかったです。

幸いにも吐かずに済みましたが、海底からキラキラ美しい海面を見上げて『もう上げてくれー。』と心の中で叫びました。

綺麗なパープルの魚が顔の目の前に来て、「アンタどうしたの?」と言うように覗き込んでいたのだけは鮮明に覚えています。(その瞬間を描いてみました☆)

魚たちはフレンドリーで無垢で本当に可愛いです!

海の中で体調不良になる原因は、寝不足、船酔い、海酔い、不摂生等あると言われているのですが、心から楽しめなかったのは非常に残念でした。

(特に女性の場合は、女の子の日は無理しないのが大事です^^)

体調管理には十分気をつけて行きましょう

 

今度は手袋を持っていこう。

ダイビングって海の中で静止(中性浮力)できるようになるのが、ひとつのステップなのですが、初心者ダイバーはなかなか出来ません。

海底のサンゴ礁にぶつかりそうになり慌ててしまって、うっかり珊瑚で手を切りました。涙。

こういう時に、100均でもいいのでグローブがあると安心です。

あと、グローブをしてないと、手首から先が焼けてかなり変な日焼けになりますのでご注意ください!

いくら日焼け止めを塗っていても、ウエットスーツを着ていない手の甲はまず焼けるので、焼けたくない女性には結構重要なアイテムだと確信!

ちなみに珊瑚は、綺麗とか痛いばかりでなく、珊瑚に模倣しているピンクのタツノオトシゴに出会えるのも見どころです!

フィリピンに旅行ってどうなの?

フィリピンに住んでいると言って、返ってくる第一声は、「治安大丈夫?」「危ないんでしょ?」「大統領ヤバそうだね。」大体この3つです。笑。

ここらへんのことを、在住者視点で答えていきますね!

 

治安はそこまで悪くない。

フィリピンと聞くと、政治・治安が心配になる人が多いと思います。

イルカもそうだったのですが、生活してみると現地のルールを守れば楽しく過ごせる南の島です!

在住者的には、治安が心配と言っても、基本的にどこの国でも貴重品は肌身離さず自己管理なので同じですよねって感じです!

ただ、その日を生きるためにお金が必要な人が日本より身近にいること、オフィス務めでも1日の所得は1,000円前後の国なので来訪者はお金持ちに見えることは覚えておきましょう。(フィリピン生活で失敗しない10つのこと。体験談あり。はコチラ)

イルカはよく、かばんのファスナーが空いているのですが、通りがかりのフィリピーナたちは何回も声をかけて開いてるよ〜って教えてくれます。

今までよく何もなかったと思いますが笑、盗む人もいれば教えてくれる人もいます^^

フィリピン人は親日の人が多く明るく陽気な国民性なので、わたしが困って誰かに声を掛けると、その人が近くの人に聞いてくれて、そして更に人が集まって来てくれたり笑、とても親切です。

英語と日本語です。

フィリピンの公用語は英語で、マニラ市内では会話も表記も殆ど英語です。

フィリピンには日本人経営のダイビングショップがいくつかあって、気軽に海外でダイビングライセンスを取得する旅行客や学生も多いです。

今回は、日本語のテキストと講義 、日本人のインストラクター、フィリピン人のバディでした!

バディと会話するときは海の中が殆どなので、講義中に習ったサインで会話するため問題ありません。

ボートに上がった時に「サンキュー」「OK!」しか使ってなかった気がします。笑。

何か生き物がいたらいたよ〜って指差しで教えてくれるので安心です。

 

最後に・・・

ダイビングは、ライセンスを取得したら続けてダイビングに行くと上達が早いそうです。

アニラオ以外にも、フィリピンには良いダイビングスポットがたくさんあるので、次回以降の記事でご紹介していきたいと思います!

フィリピンはエステとお肉がとにかく安くて最高なので、是非マニラでの滞在中に行って癒やされてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です