【2020最新】小室圭の現在は?|アメリカ留学から眞子さまと結婚まで時系列でご紹介

可憐なビジュアルのプリンセスとして世界から注目を浴びる秋篠宮家の眞子さまと佳子さま。

2020年7月、「佳子さまのお相手」の嬉しいニュースが報じられる中、眞子さまのご成婚話がどうなったのか気になるところです。

2018年に国際弁護士を目指して渡米した小室圭さんは、眞子さまにふさわしいお相手になったのでしょうか。

眞子さまのご結婚相手として話題になり、アメリカ留学をしている小室圭さんの現在について調査してみました。

小室圭の現在はアメリカ留学中|2020年

穏やかではない噂の多い小室圭さんですが、アメリカ留学は順調なのでしょうか?

眞子さまと連絡は取り合っているのかも含めて調査してみました!

アメリカ大学院・留学先はどこ?

現在、小室圭さんが留学しているアメリカの大学は、アメリカ・フォーダム大学大学院

大学院留学をして博士号を取ろうとしているのですね。

他の大学と同様に2020年7月いっぱいまで夏休みなので、小室圭さんも夏季休暇中です。ネットの情報によると、小室圭さんの母親が小室圭さんに電話で「予定通り帰らないでそっちで過ごしていいわよ」と話をしていたそうです。

フォーダム大学は、8月からの新学期に、世界的パンデミックの影響からオンライン授業と人数制限の対面式授業を予定しています。秋学期からキャンパス再開、11月頃までソーシャルディスタンスに配慮した授業体制とのことなので、小室圭さんも大学の指示に沿ったキャンパスライフを送るようですね。

NYにて大学に向かう小室圭さん

ちょっと、洗練された爽やかな印象ですね。

留学資金は潤沢ではないはずですが、小綺麗にされています。海外生活のストレス太りもせず、少しお顔がスッキリした感じです。ご苦労されているのが伺えます。

フォーダム大学

・ニューヨーク州の私立総合大学。

・大学生約9000人、大学院生6000人。(白人60%黒人、ヒスパニック、アジア各12%etc)

・大学のレベルは難関校。(立命館大学や青山学院大学のイメージ)

・アメリカ大統領のトランプ氏は1,2年時にフォーダム大学に在学。(その後アイビーリーグのペンシルベニア大学に編入)

・小室圭さんが通うロースクールは、U.S.news全米ロースクールランキングでは39位。アメリカではTOP14校が名門と言われていていますが、フォーダム大学院は上位校といえます。

・アメリカのロースクール卒業者は、各州の弁護士資格の合格率80%

・授業料:年間約650万、卒業まで約1900万。

マンハッタンにもメインキャンパスがある

皇后雅子さまの出身校ハーバード大学やコロンビア大学は超有名ですが、フォーダム大学は聞き慣れない大学名ですね。ネットを調べていると、ある報道の中で「フォーダム大学(レベル)にわざわざ行く必要があるのか」と辛口コメントもありました。

アメリカは自由の国と言っても、超学歴社会なので大学の格付けが、どのように就職に影響するかは注目です。

フォーダム大学のロースクールが高く評価されているとは言え、名門でない大学院。インターンを重ねキャリアを積んでいくことを考えると、超名門校出身者とのスタートラインの差を埋められるのか気になります。

ネットを調べていると「国際弁護士になるために留学」と話題になっているのですが、小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士は「国際弁護士になるとは言っていない」とコメントしています。

結論から言うと、小室圭さんの進路について2021年以降にはっきりしてくると予想します。

東京大学法学部卒&ニューヨーク州弁護士資格を持つ山口真由氏は、2019年夏に発刊された専門誌「N.Y.Business Low Journal」に掲載された小室圭さんの論文について、「クラウドファンディング」の分野に興味がるのだろうと山口真由氏はコメント。

小室圭さんの掲載論文冒頭(2019年)

 

《ここ数年、クラウドファンディングは社会起業家や投資家に人気のある選択肢となっています。資本を調達する主要な方法の1つですが、クラウドファンディングは、とくに詐欺や資本や資金調達ポータルの限界といった、重大な課題に直面しています。本稿では、これら3つの課題について説明し、それらに対処するための推奨事項を示します》(女性自身)

 

そして、企業法務の中でも花形と言われている未公開株取引の分野に興味があるのではとコメントしています。この時、小室圭さんは、「未公開取引を通して企業が資金調達をすること」について研究されました。

小室圭さんの金融専門家へのインタビューを聴いて(2020年)

 

 内容について「プライベート・エクイティ・ファンドの話だと思うんですけど、これはいわゆる企業法務の中でも花形と言われるところで、花形分野に進出されることをお考えなのかなと思います」と分析した。(デイリー)

 

企業の資金調達について研究した場合、今後の活躍が期待できる分で野あることも話題になっていました。ネットを調査したところ、専門分野の方は金融部門における活躍を期待しているように感じます。

留学費用はフォーダム大学から返済免除で奨学金を受け、以前働いていた奥野総合法律事務所から従来の給与額約500万円の生活費の援助を受けられる超VIP待遇優秀で勤勉な人材として、期待されているのでしょうね。

※当時、奨学金返済免除にあたり「眞子内親王のご結婚相手」ということでの特別待遇でした。皇室がフォーダム大学に向けて「結婚相手という扱いに対し否定」をしたので、2020年現在は返済必要な奨学金になったとのことです。

母親の金銭問題

小室圭さんを語るのに、切り離せないのが「母親の金銭問題」です。

2017年9月3日に結婚内定を発表した眞子さまと小室圭さん。翌年に採納の義(一般で言う結納)になるかと思われましたが、その後、小室圭さんの母の借金問題が浮上して宮内庁からお2人の結婚に「待った!」がかかりました。

小室圭さんの母親が、眞子さまのご結婚支度金(予想1億数千万円)をあてがうつもりでは?と話題に。

しかも、小室圭さんのクラブで弾けている写真が流出、素行面でマイナスイメージが広がってしまい、さらに状況は悪化。

2011年12月クリスマスに帰国子女などの仲間とクラブでパリピ画像

その後、2018年8月に小室圭さんがアメリカへ大学院留学。

お2人の結婚の話題が、眞子さまの「小室問題」と呼ばれるようになって問題は解決しないまま、「結婚延期」の状態が続いてしまっています。

現在も小室圭さんの母親は、409万3000円の「母親の借金」と言われているお金に対して、「貸した借りてない」を小室圭さんの母親の元婚約者と小室圭さんの弁護士を介して協議中です。

当時、小室圭さんは母親と祖父の3人暮らしでした。

一例として、元婚約者さんに「留学するために残高証明が必要なので200万貸して」とお金を用立てた小室圭さんの母親。(メールだったので証拠が残っているのだそうです。)この200万に対して「もらったものだ」と弁護士を介して話しています。

小室圭さんの高校時代についての報道

また、仮に、元婚約者からの援助として430万が渡されたことになったとしても、当時の小室圭さんの母親は公的な機関からの援助を受けられる対象でなくなるので、それもそれで問題なのだそうです。

何だかややこしい事になっていますね。

そして、「金銭問題を早急に対応して欲しい」秋篠宮家に対して、「そんなに対応して…(割愛)そちらが対応して(お金を出して)ください」と物を申した小室圭さんの母。「そういう問題ではないだろう」と、感覚が違いすぎて秋篠宮家が呆れて返ってしまった話は有名です。

ICU大学の学園祭で美女の肩を抱く小室圭さんで有名な画像

もうひとつ大きな話題になっているのは、小室圭さんの「不誠実」イメージ問題についてです。

何かと「チャラそう」に見えてしまう小室圭さんの言動。2011年のクラブで弾けている小室圭さんの画像などが秋篠宮夫妻のお怒りに触れてしまったようです。娘婿になるかも知れない人のマイナスな報道は見たくないですよね。

2011年年のクラブで弾ける小室圭さんのパリピ画像で有名な1枚

他にも、高校時代に自分の事を「天皇」と呼んで、と友達に自己紹介したりと、「性格的にどうなの?」といった穏やかでない話題がネットでは飛び交っています。

ただ、眞子さまに仕えている宮内庁の方々が心配しているのも事実です。

夜に、小室圭さんに呼び出されてお出掛けになられる眞子さま。「眞子さまは(育ち柄純粋で)人を疑わない」ところがあるので、都内とはいえ夜に若い女性しかも内親王が出掛けていく…そういう部分も含めて配慮はどうなのか。といった、小室圭さんの感覚の違いから本当に相応しいお相手なのか眞子さまを心配する話もありました。

これらのことが小室圭さんの事実なのかイメージなのか、不明な点が多いです。

ちなみに、小室圭さんの実家は旧華族という噂がありましたが旧華族ではありませんでした。亡くなられた小室圭さんの父親の実家は元禄時代から続く山林や農地を保有する農家で、現在は周囲一体の大地主さんなんだそうです。

小室圭と眞子さまの現在はどうなってる?

暗礁に乗り上げている、雲行きの怪しい「眞子さまのご結婚」。

小室圭さんと眞子さまの現在の状況について調査してみました。

眞子さまと結婚までの馴れ初め

2017年に始まった眞子さまのご結婚問題、通称「小室問題」から3年が経とうとしています。(2020年)

眞子さまと小室圭さんのやりとりを簡略してみました。

2012年6月
ICU大学で出会う
在学中に留学に関する意見交換会で 知り合い親しくなる
2913年12月
小室圭さんがプロポーズ
眞子さま「その場でお受け致しました」
2017年9月
2人で記者会見
結婚の意志を表明。HAPPY和やかムード。

2017年11月
結婚式の日取り決定
「採納の義」が2018年3月4日に行うことを発表。
2017年12月
金銭トラブル報道
小室圭さんの母親の借金約430万があると報道される。

2018年2月
結婚延期
宮内庁から「結婚関係の儀式」を延期すると発表。眞子さまもお2人の「お気持ち」を公表。
2017年8月
小室圭さんが渡米←今ここ☆
ロースクール(大学院)に留学するために3年間の予定で海外留学。

2018年4月
小室圭さんのアピール1
フォーダム大学ロースクール入学に向けて奨学金の英論文を異例の80枚を提出。
2019年夏
小室圭さんのアピール2
専門誌「NY Business Low Journal」に小室圭さんの論文が掲載される。テーマはクラウドファンディング。11人の論文掲載者は現役の弁護士や大学教授、その内学生は小室圭さん含め3人のみ。
2020年4月
小室圭さんのアピール3
小室圭さんが在学するフォーダム大学OBの金融専門家にインタビューをしている肉声が大学HPに掲載される。

眞子さまとの連絡状況

小室圭さんと眞子さまの連絡はSkypeで連絡を取り合っているそうです。ですが、その勢いも、2年たった今、連絡の頻度は落ち着いてきているそうです。

とは言っても、連絡の頻度が関係性を表すわけではありませんね。実際はどうなのでしょうか。

2020年、約2年間の間に眞子さまも冷静に考えるきっかけとなったのか、眞子さまにもお考えがあると噂になっています。

ネットの情報によると、現在は小室圭さんの学業多忙もあって、眞子さまは小室圭さんと連絡は密ではない情報が有力のようです。眞子さまも自身の公務が忙しく、お2人は落ち着いた関係とのこと。

今までを振り返ると、結婚が話題になってからの期間、眞子さまや秋篠宮家が心休まることはありませんでした。

メディアの過激な報道の影響によって眞子さまの心境にも変化が見られ、小室圭さんに対する気持ちにも揺らぎが見えている。そして、眞子さまは心境の変化や今後について話をできる人が居なくて、心細い思いをしているとも情報がありました。

一方で、2020年のはじめに、実は眞子さまが「結婚宣言」の文書を準備していたと皇室専門の記者が語っていたと報道がありました。

 

「実は、眞子さまは今年に入ってから、小室さんと結婚する意志を改めて表明するべく、文面の用意を進められていたのです」(デイリー新潮)

 

秋篠宮さまの『立皇嗣の礼』が終了した後に行おうとしていたのですが、世界的パンデミックの影響で『立皇嗣の礼』は取り止めになり、眞子さまの「結婚宣言」の文書も公表に至らなかったのだそうです。

眞子さまの「結婚宣言」を阻止するために『立皇嗣の礼』が無くなったのか、、定かではありませんが、眞子さまが降嫁するにあたり皇室を支える人がいなくなる問題も浮き彫りになってきますね。

そして、2020年8月7日に週刊誌「デイリー新潮」が宮内庁関係者の話として眞子さまと小室圭さんとのコロナ家中の交際の様子が語られました。

「このコロナ禍でも、と言うか、コロナ禍だからこそかもしれませんが、眞子さまと小室さんは細かく連絡を取り合っていらっしゃって、より結束は強まっていると見てよいでしょう。NYの弁護士事務所でのインターンがなかなか叶わない状況でも、それに悲観することなくポジティブでいようと話をされているようです」

この境遇によって、眞子さまと小室圭さんの絆が深まっているようですね。

小室圭の年収と眞子さまの共働き

小室圭さんの卒業後、眞子さまが小室圭さんと入籍したと仮定した場合、結婚生活は共働きをされるのではないかと言われています。

2017年、小室圭さんがICU大学を卒業して、一橋大学大学院を卒業され弁護士として働いた場合は年収500万円と言われていました。今までの降嫁された宮様方を参考に考えると、都内の3LDK家賃相場30万のマンション生活をしていく場合、支出は家賃だけで年間360万円。

眞子さまのご結婚の一時金は1億数千万円と言われています。

上皇陛下の娘黒田清子さんは1億5千250万円。高円宮家の次女の千家典子さんは約1億円でした。これは、眞子さまが元皇室として多くの関係者と引き続き交流を持って、皇族であった品位を持って暮らしていくための資金なので宛にするものではありません。

 

「清子さんなどもそうでしたが、元皇族というお立場上、冠婚葬祭の場に呼ばれる回数も普通の若者とはケタが違う。お祝いや香典だけでも年間で相当な出費になってくる」(皇室担当記者:週刊現代)

 

金銭問題を抱えている小室家を頼るわけにも行かず、国民の税金を財源としている皇室から仕送りをする訳にもいかないため、眞子さまも働かなければ到底暮らしていけません。

ですが、「共働きでバリバリ働く」前例がありませんでした。

 

降嫁された皇族は、裏千家の16代家元である千宗室氏に嫁いだ千容子さん(容子内親王)に代表されるように、「名家の血を継ぐ夫を陰ながら支える」というパターンが通例。ごく普通の公務員である黒田さんと結婚した清子さんも、現在は、家庭に入り、主婦として夫を支えている。(週刊現代)

 

最近降嫁された宮様方も「夫を支えるスタイル」ですね。

ただ、上皇陛下の妹である島津貴子さんのようにインテリアコーディネーターの資格をとり、東京プリンスホテルのショッピングモールに勤務した例もあるので、働くのがNGなわけでない。

現在眞子さまは、皇室ご公務の合間合間で東京大学総合研究博物館特任研究員として非常勤のように働かれています。小室圭さんとご結婚された場合は、眞子さまも現在お持ちのスキルを活かしたり新しい道もご検討する必要が出てくると予想されます。

現在の東京大学総合研究博物館特任研究員を常勤として働かれたり、もしくは学芸員の資格を活かし美術館やギャラリーなどでの勤務されたりはもちろん。皇室御用達の学習院大学ではなくICU大学を選ばれた眞子さまなので、既存の概念を超えた「皇室出身の新しい道」も考えられるでしょうね。

そんな中、一方で小室圭さんのフォーダム大学院卒業後は、小室圭さんは眞子さまと共にニューヨークに住むのではないかと噂になっています。

小室圭さんの「不誠実」で噂になり、悪目立ちしてしまっている小室圭さん。今後、小室圭さんは日本で一般的な暮らしはしにくく、小室圭さんの母親は「ならばアメリカで暮らしたほうが良いのでは」と小室圭さんも含めて、アメリカでの海外生活を考えているという情報が早くからありました。

インターナショナル・スクール出身で留学経験もあり、大学院留学をされていて専門分野で活躍していける能力はあるので、眞子さまとの海外生活は考えられる話でも在ると思います。

その場合、眞子さまも新しい土地で、ご自身のご活躍の場所を見つけていくことになりますね。また、小室圭さんがフォーダム大学院ロースクールを出て国際弁護士になった場合、年収は1000万か?!とネットでは言われています。が、未だ就職していないのでぬか喜びはできません。

そして、王室を持たないアメリカでは王室の方々は歓迎される傾向にあります。(イギリスの公爵ヘンリー王子とメーガン妃もカリフォルニア州在住ですね)どのような展開になるのか、今後から目が離せませんね。

小室圭の現在の英語力は国際弁護士で通用する?

インターナショナル・スクール出身で、眞子さま・佳子さまと同じICU卒業の小室圭さん。

気になる小室圭さんの英語力について、エピソードを交えてまとめてみました。

インターナショナル・スクールと奨学金の英論文

小室圭さんは、英語での生活について全く問題がないことを友人に明かしています。

 

小室圭

英語のほうが話しやすい

 

それもそのはず、小室圭さんの出身中学と高校は、日本のカナディアン・インターナショナル・スクール出身(中高一貫校)でした。インターナショナル・スクールは基本英語での授業なので、英語が話せて当然です。

東京品川にあり、年間250万円のきめ細かいケアを受けられるナディアン・インターナショナル・スクール。小室圭さんの母親がされたお金の工面は横に一度置き、どれだけ小室圭さんの教育を大切にしてきたのかがわかりますね。

小室圭さん:海の王子の画像

中でも、小室圭さんがフォーダム大学大学院で留学される際に、奨学金授与のために書いた英論文80枚が注目を浴びました。

フォーダム大学関係者は、小室圭さんが書いた80枚という英論文は枚数の多さが異例だったとコメント。内容は、「眞子内親王と出会うまで」「国際弁護士への情熱」などの文面があり、80枚に渡り綴られていたそうです。

小室圭さんの英語力を買われたのか、眞子さまのフィアンセとして売り込んだ小室圭さんの策略だったのか、みごとフォーダム大学に留学するに相応しい学生として奨学金をゲット。

通常年間130万円の奨学金が受けられるだけでも超難関なのに対して、全額免除になった小室圭さんのケースはかなりのVIP待遇なのがわかります。コレには裏があるのではと世間はざわつきました。

現に、小室圭さんの話だけを聞いて鵜呑みにしたフォーダム大学は、大学のHPに「日本のプリンセスのフィアンセが入学する」と公表。直ぐに、宮内庁が否定に入るり記事削除を申し出るという、残念な展開が起きてしまっていました。

この一連の流れを受けて、小室圭さんの英論文が評価されるよりも、世間では小室圭さんの「ずる賢さ」や「眞子さまのフィアンセ」を語って使えるものは使って…のような感覚が目立ってしまうことに。小室圭さんが不当に奨学金を得ようとしたのでは?といった「不誠実」な面に注目が集まりまってしまいました。

日本のプリンセスのネガティブなニュースは悲しいですね。

金融専門家へのインタビュー(英語の肉声アリ)

2020年4月21日。小室圭さんがフォーダム大学院卒業生の金融専門家へインタビューをした記事が、フォーダム大学のHPに掲載されました。小室圭さんの肉声も公開され、世界の誰もが聞ける状態になりました。

インタビューのタイトルは、「The Funding Spectrum ― From Seed Financing to Private Equity」で、起業家の資金調達に関するもの。54分に及ぶインタビュー、開始1分後に冒頭で小室圭さんが挨拶をしている。

 

小室圭

I am Kei Komuro. William and I are students from Fordham University School of Law.

 

日本語訳すると、「小室圭と申します。ウィリアムと私はフォーダム大学ロースクールの学生です。」と流暢に会話がスタート。

ネットの評判を見てみると、内容は専門的な英語を使っていて、もし台本がないのなら国際弁護士として十分な英語力があると定評。素人が聴いても「日本人らしさがある英語」だけど、54分間の間スムーズに話している感じがあると話題になっていました。

小室圭さんが質問

・なぜ起業家たちはプライベートエクイティ投資による資金調達を、他の選択肢より選ぶのか。

・起業家たちがプライベートエクイティ投資で資金調達をしようとする際に、起業家たちが直面する課題は何か。etc

肉声はこちら

わかりやすい英語で、落ち着いて話をされている印象ですね。

日本では「有名な会計事務所だけどパラリーガル(事務)をしていた」と能力を低く見るような報道のされ方をされていましたが、小室圭さんはICU大学卒業後に務められた三菱UFJ銀行でも、英語を駆使して金融取引をしていました。

今回の小室圭さんのインタビューアーの英語を聴いて、ニューヨーク州弁護士資格を持つ山口真由氏は小室圭さんの努力を称えています。

 

「英語は元々お上手なんでしょうけど、専門用語はロースクールで学んで、インタビューのために準備したんだと思います。しっかり勉強しているんだなという印象を受けました」(デイリー)

 

2019年の「クラウドファンディング」の英論文に引き続き、今回の英語での専門分野についてのインタビューアーとしての活躍。

世間や周囲の反対が大きい「眞子さまとのご結婚」に向けて、努力されていると見る動きがあります。

報道を見たキャスター達が「努力家な一面を見てイメージが変わった」「頑張っているじゃないか」と、好印象を持つ場面や、ネットでも「グレーな部分はあるけど英語凄い」など印象の変化がみられました。

一方で、「(人格について)本当は何なのかわからない」「(母親の噂から)育った環境違いすぎる」「眞子さまはピュアだから疑わなさ過ぎている」など、今後の小室圭さんの言動を注意するコメントもあいました。

一般的に、ICU大学を卒業することも、一橋大学院を仕事をしながら卒業することも、海外留学をして実績を出すことも、すごい努力をされて在る結果ですよね。

小室圭さんの実力が公平に評価されるよう、小室圭さん自身の不誠実な言動問題や母親の金銭問題、身辺の不要な話題がクリーンになると良いですね。

小室圭 プロフィール

小室圭(こむろけい)

誕生日 1991年10月5日

年齢 29歳(2020年)

血液型 B型

身長 165㎝

ICU大学教育学部アーツサイエンス学科卒

一橋大学大学院国際企業戦略研究科卒(夜間)

フォーダム大学大学院・ロースクール在学(2018年〜)

眞子さま プロフィール

眞子内親王(まこないしんのう)

誕生日 1991年10月23日

年齢 29歳(2020年)

血液型 未公表(A型説が濃厚)

ICU大学教育学部アーツサイエンス学科卒

レスター大学大学院・博物館学研究科卒

ICU大学大学院アーツサイエンス研究学科博士後期課程卒

小室圭の現在|アメリカ留学から眞子さまと結婚まで まとめ

小室圭さんの現在は、ニューヨーク州私立大学のフォーダム大学に留学2年目で、引き続きロースクールで勉強しています。

小室圭さんを取り巻く、母親の金銭トラブルや小室圭さんのイメージ問題は未解決のまま。入学時の奨学金授与のための英論文や金融専門家へのインタビュー等の活躍を披露しつつ、母親も前職場で働き始め、眞子さまとのご結婚のためイメージ回復の努力をしている見方が濃厚のようです。

2021年の小室圭さんの本帰国に向けて、眞子さまとの「ご結婚について進展」があるのか目が離せません。

今後も、眞子さまはじめ皇室の方々の気になる話題には、調査して行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です