シンガポールスリング | 本場ラッフルズホテルロングバーの味をご紹介【シンガポール】

こんにちは。

フィリピン在住のイルカ(iruka_travel)です。

先日、初めてシンガポールに行ってきました。今回は、夜だけでなく昼の観光スポットとしてもおすすめ!有名なラッフルズホテルのシンガポールスリングを飲んだ感想とカクテル言葉、The Long Barの雰囲気についてもご紹介します。

この記事を読むと、本場ラッフルズシンガポールのシンガポールスリングと、The Long Bar でのひとときをより満喫できます。

シンガポールシリングの感想

シンガポールシリングSingapore Slingは、南国の夜にピッタリなイメージのトロピカルなカクテルです。詳しくご紹介していきますね。

ルーツと味

100年以上にもわたって愛されているシンガポールシリングのはじまりは、1915年のラッフルズシンガポール。海南ニーズ(中国最南部、海南省出身の中国人)バーテンダーNgiam Tom Boonによって、フルーツパンチ(フルーツとソーダのジュース)に似せてジンベースのカクテルが作られました。

当時の社会では、女性が公共の場でお酒を飲むことはエチケット違反でした。そこで、バーテンダーのNigiamがピンクのバラ色で人々にフルーツパンチだと思わせるようなカクテルを作ったのが、シンガポールシリングのはじまりです。

そして、シンガポールシリングはシンガポール湾のサンセットを思わせる美しいレッド・ピンクです。

シンガポールシリングが多くの人に知られたきっかけは、イギリス人作家のサマセット・モーム氏の短編「手紙」に登場したことで有名になりました。彼は、007のモデルとも言われていた元諜報部員の作家で世界中を旅しています。その彼が東洋の神秘として称え長期滞在するほどお気に入りだったのが、ラッフルズホテルから眺めるシンガポール湾の夕日でした。

現在のシンガポールシリングは、1970年代にバーテンダーNgiamの甥によって更にトロピカルなカクテルにアレンジされています。

メニュー:The Original Singerpore slingの解説部分を撮影。

気になるお味は、Theパイナップルベースの甘いカクテル!まさにトロピカルなフルーツジュースで、絞ったライムが入っているので甘い中にも落ち着いたさっぱり感、柔らかな苦味があります。

お酒があまり得意でないイルカは、お酒の強い味を感じました。おそらく、普通にお酒飲める人は感じない程度のアルコール感なのかもです。。お酒得意じゃない人の感想で良いのかな笑。

カクテル言葉

「秘密」

ロマンチックなカクテル言葉ですね。

かつて淑女達がフルーツパンチに見せかけてアルコールを秘密にしていたのと掛けているかのようです。

価格

32シンガポールドル

日本円で約2560円。

結構いい値段。シンガポールだと普通なのかな。

場所代だと思って飲みました笑。

実際のレシート。

10%のサービスチャージと7%の税が入ります。

サクラシリングも頂き、70.60シンガポールドルなので日本円で約5,648円

おすすめのカクテル

エキゾチックブレンド サクラシリング♡

綺麗なピンクです。日本とシンガポールの友好50年を記念して作られました!嬉しいですね。

山口県の日本酒 獺祭やカルバドス、ドイツ産エルダーフラワーリキュール、ハイビスカスとケーン(サトウキビ)コーディアル、グリーンシャルトリューズ(シャルトリューズはリキュールの女王,薬草系リキュール)等が使われています。

桜茶のさくらが飾られています。

メニュー : 中央がサクラシリング

価格は、28シンガポールドルなので、約2240円。

個人的には、シンガポールシリングよりもサクラシリングがグレープフルーツベースで爽やかで好きです!笑。こちらも、アルコール感は高めでしたが、飲みやすかったです。みんなでバラバラに頼んでシェアしてもいいですね。

ノンアルコールカクテル

ノンアルコールカクテルは4種類。

今回はお目にかかっていませんが、アルコールが苦手な人や子どもも楽しめますね。

価格は16シンガポールドルなので、約1280円。

メニューの訳です。

ラッフルズ リフレッシャーズ(ノンアルコール)

人気のあるハウスカクテルをノンアルコールでどうぞ。なので、全ての方に楽しんで頂けます。

 

○ティートタラーズシリング

ブラッドオレンジプーアール茶、ラッフルズシグネチャーグレナディン、パイナップルジュース、アンゴステュラビターズ

お酒イメージな感じの内容です。

○イーストコースト

ココナッツウォーター、フレッシュミント、フレッシュレモンジュース

ミントとレモンが爽やかで美味しそう。ココナッツウォーターは疲労回復と熱中症防止にもおすすめです。

○リトルインディア

スパイシーサフランアーモンドミルク、ジンジャー、フレッシュレモンジュース

サフランが入っているから黄色系なのかな。チャイが好きな人は良さそう。

○セイロンフルーツカップ

セイロンティー、ジンジャービール、アンゴステュラビターズ、トロピカルフルーツ

アイスティーを少しアレンジしているフルーツジュースなのかな。飲みやすそう。

作り方(レシピ)

一般的なレシピとラッフルズホテルのレシピをご紹介します。

自宅で友達が来た時に作ってあげてもいいですね。

一般的なレシピ

○ドライ・ジン45ml

○チェリー・ブランデー15ml

○レモン・ジュース20ml

○砂糖小さじ1

○ソーダ水適量

○飾りチェリー・レモン

○ソーダ以外をシェイクして、氷が入ったグラスに注いでからソーダを満たす。軽く混ぜる。

現在の一般的なレシピは、シンガポールで考案された後、ロンドンに広まって、よりフルーティーにアレンジされています。

現在のラッフルズホテルのレシピ

○ドライ・ジン30ml

○チェリー・ブランデー15ml

○パイナップルジュース120ml

○ライムジュース15ml

○ベネディクティン7.5ml

○コアントロー7.5ml

○グレナディンシロップ10ml

○アンゴステュラビターズ1ml

○飾りパイナップルスライス・チェリー

○全ての材料をシェイカーに入れてかき混ぜる。味見してから氷を入れる。40回程激しくシェイクしてパイナップルジュースを泡立てる。氷を入れたグラスに注ぐ。

どちらもレシピも、チェリー・ブランデーをシェイクせずに最後に注ぐと、夕日を思わせるレッド・ピンクに!

The Long Barの雰囲気

その名の通りThe Long Barには長いカウンターがあります。

ドラマチックな歴史が刻まれていそうですね。

入り口

2019年4月改装中のためエレベーターを使ってロングバーへ。

ホテルの滞在者でなくてもロングバーに行けます。ホテルの敷地外、通りに面してこのような入り口があります。

The Long Bar 入り口。

エレベーターを使って上の階へ。クラシカルな中庭を眺めながらロングバーへ向かいます。

店内の様子

この長いカウンターでカクテルが作られます。

平日の午前11時に行ったのですが、もう席に人がいました!

それに合わせてバーテンダーさんとウェイターさんの数もしっかりいましたのでご安心を。

ビリヤード台があります。

客層はファミリーか中年層の欧米の方が多かったです。待つことなく、スムーズに2人がけの席へ案内してもらいました。席はリクエストも出来ますよ。

テーブルごとに有名なピーナッツが置かれています。

食べたら殻は床にそっと投げましょう。ラッフルズスタイルです☆

ロングバーの入り口方向を撮影。

この階段が、入り口で紹介した通りに面している階段に続いているようです。

お手洗い

ロングバーの入り口に向かって左手にお手洗いがあります。

清掃が行き届いてきれい。お酒も飲んだことですし、綺麗なお手洗いで済ませて行ってくださいね。

シンガポールは先進的な国ですが、旅行中どこでトイレに行きたくなるかわからないですし、ホテルやモールでなければあんまり綺麗じゃないかもしれません。

シンガポールは各所に見頃の蘭の花が飾られていて素敵です。

ラッフルズホテルの中庭

外廊下にいる、ロングバーへ案内してくれるバーテンダーさん

改装中なので静かで、人がいませんでした。それもまた良かったです。

エレベータを出ると手入れの行き届いた中庭が見えます。

クラシカルな雰囲気が素敵です。

西洋のお城に迷い込んだような、上品な雰囲気

ヤシの木が生えているのでここは南国なんだなと改めて実感します。

ホテルの中庭のテラス席も素敵ですね。

ラッフルズホテルの改装が終わったらぜひまた行ってみたいです。その時は、ラッフルズホテルに宿泊できるといいな。

 

 

 

最後に・・・

シンガポールシリングに興味がなくても、ロングバーはおすすめの観光スポットです。かつて新天地を求めてシンガポールにやってきた華僑や様々な国の人々の礎を感じられるようで、その人々に思いを馳せながらゆっくり過ごせて良かったです。

昼間にお酒を飲んで暑い中歩くのはちょっとしんどかったです。もし、昼間にお酒を飲まれるならその後の予定は、マリーナベイサンズカジノやTWGでアフタヌーンティーなど歩き回らずに過ごすのがおすすめです。

では、また!have a nice day!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です