風吹ジュンのヤバい話14選|波乱万丈な生い立ち

みずみずしい美しさの風吹ジュンさん。

お若い頃は、事務所の契約トラブルで誘拐事件に巻き込まれたこともあったそうです。

それをきっかけに一気に人気が急落

穏やかでない話題なので、風吹ジュンさん誘拐事件から苦労話まで「ヤバい話」をまとめています。

風吹ジュンのヤバい話14選まとめ

ある誘拐事件をきっかけに、風吹ジュンさんは「純情派」に汚名。

年齢詐称」「男性遍歴」も暴かれました。少女時代からご結婚までも苦労が絶えず。

今も素敵な女優・風吹ジュンさんの波乱万丈な人生をまとめます。

母親に悪口をきかされる

風吹ジュンさんが小学校5年生のときに、両親が離婚

 

とはいえ、風吹ジュンさんが物心がついたときには既に両親の仲は冷え切っていたそうです。

子供ながらに、「違和感」を感じ取って寂しかったでしょうね。

風吹ジュンさんと3歳年上のお兄さんは、母親に引き取られるのですが、風吹ジュンさんは母親の悪口に悩まされていたんだそうです。

 

夫を恨む悪口。

風吹ジュンさんの父親の悪口。

 

風吹ジュン

私は絶対、悪口を言わない!

 

母親を反面教師にして生きてきたんだそうです。

まだまだ甘えたい年頃だったはず、健気です。

それにしても、少女時代の風吹ジュンさんの心根が立派ですね。

母親の育児放棄

母親に引き取られた風吹ジュンさんとお兄さん。

高校教師の父の働きで豊かだった生活は一転し苦しくなったそうです。

まだ小学校高学年だった風吹ジュンさんは、家計を助けるために内職をされていました。

 

中学2年生のある日、風吹ジュンさんは母親から言われます。

 

あなたたちの面倒がみられなくなった

自分の面倒は自分で見なさい

 

事実上の「育児放棄」でした。

母親にも事情があるでしょうが、何があったのでしょうか。。

 

仕方なく、風吹ジュンさんと3歳年上のお兄さんは富山県の家を出て、京都に引っ越します。

とはいえ、まだ中学2年生と高校2年生。

仕方ないとは言えあんまりな仕打ちです。

兄と2人で極貧生活

仕方なく家を出て、京都で2人で暮らすようになりました。

父親をなぜ頼らなかったのか、もしくは頼れなかったのかは不明です。

中学2年生なので、まだ13歳の風吹ジュンさん。お兄さんが居なかったらどうなっていたのでしょうか。

 

兄との極貧生活は高校2年生まで続きました。

・薄給料でやりくり

・夏休みに縫製工場でアルバイト

・アルバイトと内職の毎日

・お肉を食べる工夫

・料理が心の拠り所

生活は苦しかったけど、母親の悪口を聞かなくてよくなり、心の余裕があったのは良かったそうです。

風吹ジュンさんのお若い頃の詳しい話はこちら。

 

風吹ジュン

「ハンバーグと冷たいコーラが最高!」

 

母親の再婚で受験放棄

高校受験のシーズン。

その頃には、風吹ジュンさんは貧しくて家賃が払えず、中学の担任の先生の家に居候させてもらっていたそうです。

担任の先生の親切にあやかり、住み込みで猛勉強。その甲斐あって、高校の一次試験に受かります。その安堵もつかの間…

 

 高校の第二次試験の当日に、「母親の再婚話」を聞かされる。

 

突然、母親の再婚話を知らされます。

風吹ジュンさんは、そのまま第二次試験を受けずに受験放棄

大事な時期なのに、本当可哀そうです。

 

続いて、もう一つ風吹ジュンさんのお話に続きます。

グレて有名になる

実は、高校受験シーズンの頃、風吹ジュンさんはグレていたそうです。

 

京都の有名店「ゴーゴークラブ」に出入り。

今でゆうディスコのようなイメージの遊び場です。

風吹ジュンさんの知名度は高く、知らないものは居ないといった状況だったとか。相当遊んでいたのでしょうね。

 

だからこそ、母親の再婚話を聞いて、ショックのあまり受験放棄したのかも知れません。

 

もう本当に、こころが限界だったのでしょうね。

風吹ジュンさんの中学3年生のグレたときの画像と詳しい話はこちら。

年齢詐称デビュー

風吹ジュンさんが21歳の時。

銀座の名高い高級クラブ「大徳寺」でホステスとして働いていた頃、モデルとしてスカウトを受けます。

本人は事務仕事かと思っていたら、富士通のオーディションに連れてかれ一発合格。数日後にハワイで撮影していたそうです。

 

ドラマに出たり、あった言う間に人気が出た風吹ジュンさんは、歌手デビュー。

21歳だと売れないからと言うことで、18歳としてデビューさせられてしまいます。

 

風吹ジュン

「ウソをついているのが嫌だった」

 

風吹ジュンさん自身は、嫌で嫌でたまらなかったそうです。

芸能界はよくありそうな話ですが、これが後に大変な事態につながっていきます。

誘拐・拉致事件

ある日突然、風吹ジュンさんは誘拐されました。 

1974年9月12日、午後6時30分頃。

テレビ番組の収録中に、風吹ジュンさんの所属事務所Bのマネージャーが連れ去られました。

そして、犯行に及んだ何者かが、所属事務所Bに指示します。

 

「風吹ジュンには事務所Aとの契約が残っている。風吹ジュンに事務所Aと話し合うように伝えろ」

 

ネットの情報では、社長も連れ去られていました。

芸能関係者の話によると、同時期に事務所B社長も連れさられ、社長はゴルフクラブで額を殴られて血まみれだったそうです。

 

翌日、1974年9月13日、午前0時頃。

風吹ジュンさんが誘拐されます。

テレビ局での収録を終えて帰宅しようとした、風吹ジュンさんと事務所Bの社員。待ち構えていた知らない男たちに乗用車に押し込められ、都内の高級ホテルへ連れ込まれました。

ホテルの部屋には、反社会勢力風の人たち、事務所A社長、テレビにも出ている有名作詞家がいたそうです。

 

「事務所Bへの移籍は無効」

 

風吹ジュンさんたちを連れ去った人たちは主張します。

話し合いを持ったとのことですが、、告げられたようです。

風吹ジュンさんは口頭で了承しました。怖かったでしょうね。

 

この間に、事務所Bの社員から連絡を受けた顧問弁護士が警視庁に連絡。

誘拐された」と通報。

警察はただちに「暴力団絡みの有名タレント誘拐事件」として、捜査員50人、パトカー20台をホテルに出動させ待機させました。

 

午前2時頃、事務所A社長と風吹ジュンさんは、ホテルのロビーに居るところを保護されました。

全国紙でも報道されましたが、風吹ジュンさん自身がこの騒動を否定したので、この夜のことは一件落着しました。

大変な自体ですが、数時間だったのが不幸中の幸いだったと思われます。

 

と思いきや、事件でもなんでもなかったことが後にわかります。

 

風吹ジュン

フジテレビの前でAの社長にちょっと話があるから来いと言われ、車に乗せられてとにかく話は分かったから、もう疲れたし帰してくれと言ったら、朝方近くに帰してくれたの。叩かれなんかしなかったわ。

 

風吹ジュンさんは、はじめから「事件を否定」していますし、報道が事を大きくしてしまったのでしょうか。世間にはとんだお騒がせ騒動として認知されてしまいました。

清純派から逸脱

これで事はおわりませんでした。

誘拐事件をきっかけに、風吹ジュンさんは事実上、事務所の3重契約をしていたことが世間に周知されてしまいました。

翌日、記者会見で少しずつ公にさらされていきます。

・事務所Aの給与や待遇に不満があった風吹ジュンさん。

→事務所B社長を紹介され、給与アップを条件に8月27日に移籍する委任状を交わします。(事務所Aの契約は8月まで)事務所Bは風吹ジュンさんの為に設立されたのだそうです!

 

・翌28日、事務所Cが「事務所B社長が反社会勢力と関係している」とリークされる。

→動揺した風吹ジュンさんは、誘われるままに事務所Bと委任状を交わしたまま事務所Cと契約してしまう。

 

・風吹ジュンさんは「夜から明け方までしつこく言われたんです。とにかくハンコを押せといわれて、契約書みたいなものに手を取られて拇印を押されたんです」と、事務所Aの手口を主張。

 

・契約時の会話テープが公開。風吹ジュンさんは全てを承知で契約したことが判明する。

 

風吹ジュン

「夜から明け方までしつこく言われたんです。とにかくハンコを押せといわれて、契約書みたいなものに手を取られて拇印を押されたんです」

 

録音されていた契約時のテープが公開されて、風吹ジュンさんがウソをついていることがわかってしまったのですね。もしくは、重大なことだと思っていなかったのか。

とはいえ、昔は無理やりな手段が取られていそうですし、午前0時に仕事終わったら直ぐに帰りたいですよね。。

 

風吹ジュンさんの誘拐事件で、世間に周知されたこと。

・契約解除を認めない事務所A

・本人の委任状を交わし仮契約した事務所B

・移籍契約をに判子を押した事務所C

・事務所間のタレント転がしで起きた騒動。

・風吹ジュンさんの損得勘定から起きた騒動。

・事務所Bに所属することで問題は落ち着く。

事務所Bに所属が決まりましたが、風吹ジュンの「清純派のイメージ」はガタ落ち

当時、NHKにはお呼びがかからなくなり、しばらく出入り禁止となっていました。

男性遍歴が暴露

さらには、ヒートアップする報道で、プロフィール詐称男性遍歴が暴かれてしまいます。

昔は今よりもプライベートが重視されない時代背景もあったため、露骨な追い回しもあったそうです。

 

風吹ジュンさんは、デビューの時に21歳だと売れないので18歳で公表をさせられていました。プロフィール詐称、これは、事務所に責任がありますね。

そして、男性遍歴については、週刊誌による数々の暴露記事

風吹ジュンさんは報道陣の前で、弁解せずにスキャンダラスな過去を肯定。まっすぐに強く生きることを表明したのでした。

 

そして、風吹ジュンさんは告白手記を出します。

 

…これが私の全部です。その時その時を純粋に生きてきた。この騒動でも私を理解してくれない人に、私は弁明をしない。

 

風吹ジュン

「これが私の生き方です。」

元夫の常習不倫

風吹ジュンさんの元夫は音楽プロデューサーの川添象郎(かわぞえしょうろう)さんです。

代表作品は青山テルマさんの「そばにいるね」

 

風吹ジュンさんとご結婚されたとき、元夫の川添象郎さんはバツ2

繰り返す不倫と離婚。

風吹ジュンさんは当初から「愛人」がいることを知っていたし、夫婦はどんな事があっても添い遂げるものと信じていたのだそうです。

我慢して耐えて耐えていたそうです。

この話を知ってしまうと、青山テルマさんの「そばにいるね」というタイトルが虚しく感じるのは私だけでしょうか。

 

風吹ジュン

「恨んでも傷つくのは自分。」

 

悲しいですね。

風吹ジュンさんは温かい家族に憧れて大切にしたかったのでしょうね。

風吹ジュンさんの夫の不倫華麗なる川添一族について詳しい内容はこちら。

不倫相手に対マン

ある日、堪忍袋の緒が切れた風吹ジュンさん。

元夫のネクタイを外にばら撒き、元夫のベッドの上一面に当時の愛人の写真を敷き詰めます。

もう気が触れてしまったのかと思われるような光景。元夫の川添象郎さんは目の当りにしたんだそうです。

 

風吹ジュンさんは、川添象郎さんの愛人を呼び出して喫茶店に連れていきます。

お相手は、小悪魔と世間に呼ばれた女・小出明子さん。しかも、大学生。

どれだけ悪名高かったかというと、林真理子の小説「アッコちゃんの時代」のモデルになるくらい有名人でした。

相当な修羅場。節操のないもの言い。

小出明子さんは、自分が不倫相手であるにも関わらず、風吹ジュンさんを「たぬき顔女」呼ばわり。

「火に油ですよ。」なんて言われてしまう風吹ジュンさん。

結局の所、本妻と不倫相手の対マンは平行線となりました。

 

兎にも角にも、あり得ない風吹ジュンさんの結婚生活。

通常 =「愛人がいる」なんて信じられないですよね。

目を当てられない話した内容の詳細はこちらです。

大学生を妊娠させる

風吹ジュンさんが、不倫相手を呼び出して直ぐの頃。

 

不倫相手が妊娠

 

不倫相手の小出明子さんはまだ大学生

元夫の川添象郎さんは大学生を妊娠させてしまい、風吹ジュンさんは離婚を決意。

いい大人が大学生を妊娠させてしまい、しかも人気女優の夫で有名人。マスコミのいいネタですね。

当時の風吹ジュンさんやお子さんたちの苦労を思うと、言葉になりません。ヤバい夫・父親です。

その後、元夫の川添象郎さんは、不倫を繰り返して小出明子さんと離婚。

小出明子さんは一人息子と共に家を出まることに。

川添象郎さんは、またもや魔性の女もとい小悪魔な女として有名な荻野目慶子さんとご結婚されています。

元夫のヤバい逮捕歴

元夫・川添象郎さんは現在80歳。(2021年)

風吹ジュンさんとご結婚される前から逮捕歴があります。

え、と思われる方がほとんどだと思います。なぜ、風吹ジュンさんは逮捕歴が多々ある人とご結婚しようと思ったのか。

それは、風吹ジュンさん自身が一番思っていることかも知れませんね。

 

川添象郎さんは、大麻、覚醒剤所持、窃盗、暴行、執行猶予中の犯行、服役…色々体験されています。

全部は書ききれないって…凄いことですよね。

元夫がWikipediaに怒る

川添象郎さんは自身のブログで、Wikipediaに記載されているご自身のプロフィール内容に激怒されています。

 

ちゃんとした裏付けも取らず象の悪口を投稿し、

いけしゃあしゃあとしてやがる

 

本当のことと違うことなら起こって当然ですね。

 

Wikipediaの責任者、僕に面談しに来やがれ、

 

IT mailでのやりとりは真っ平ごめんだっちゅ~の!

 

で、締めくくられています。だっちゅーのって。。主張の仕方がちょっと気になります。

 

ネットでも反響が大きい川添象郎さんのブログ内容。

ヤバい人だ。と思ってしまうのは違うのでしょうか。

この方を夫にしていた風吹ジュンさん、ただ者ではありませんね。

風吹ジュンのヤバい話14選まとめ

波乱万丈な生い立ちの風吹ジュンさん。ヤバい話の数々でした。

事務所移籍の騒動には闇を感じますし、小さい頃からご結婚生活まで苦労人ですね。

結果的に、風吹ジュンさんは新しいパートナーとの幸せを見つけ、元夫・川添象郎さんはある意味常に人生を謳歌している。

アーティストは「激しい衝動を抱えて生きている」というのもわかるのですが、激しすぎてヤバいです。

とはいえ、川添象郎さんは、類まれな才能を持っていらっしゃる方なので、これからも素晴らしい音楽家活動をしてくださると期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です